ホームページ作成 / ネットショップ経営 / YahooJapan! / チャットで仕事 / メールで見つける




モモネコ日記は移動しました
入口
title 元モモネコ様日記
url http://silvercat.ldblog.jp/
Copyright © 元モモネコ様日記 All Rights Reserved.


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

Android スマートフォン利用者、アプリの返金方針を巡り Google を提訴

米国カリフォルニア州で欠陥のあるアプリを購入した2人の Android スマートフォン利用者が、Google に対し訴訟を起こした。両氏は返金を受けることが可能なのは、アプリ購入後15分以内であるという Google の方針を不適切なものとしている。

訴訟を起こしたのは、ロサンゼルス在住の Dodd Harris 氏と、Stephen Sabatino 氏。Harris 氏は「Learn Chinese Mandarin Pro」を4.83ドルで、Sabatino 氏は「aBTC」を4.99ドルで Android Market(現 Google Play )から購入し、後にアプリが動作しないものであることを発見した。だが、両氏はアプリの検証に15分以上かかったため、Google から返金を受けることはできなかった。両氏は、Google が欠陥のあるアプリを販売し、売り上げの30%を得ていることを不適切として返金と賠償金を請求している。

この訴訟は、Google と Apple の運営するアプリストアの方針の違いにスポットをあてるものになりそうだ。Google Play は、オープンマーケットであり、利用者に対してより多くの品揃えを提供している半面、利用者をより多くのリスクにも曝している。一方、Apple の iTunes App Store ではアプリに対する審査を厳しくしており、欠陥のあるアプリの数は少ない。だが利用者が iTunes App Store でアプリを購入した後は、原則返金を受けることはできないシステムとなっている。

Google は、以前は48時間以内であれば返金を受け付けていた。だが2010年に方針を変更し、現在の15分以内とした。

関連記事

[2012/03/19 19:06] ニュース | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://momoneko11.blog.fc2.com/tb.php/166-66caeaef


まとめteみた【モモネコ日記】

Android スマートフォン利用者、アプリの返金方針を巡り Google を提訴米国カリフォルニア州で欠陥のあるアプリを購入した2人の Android スマートフォン利用者が、Google に対し訴訟を起こした...
[2012/03/20 00:39] URL まとめwoネタ速suru






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。